ブログ記事一覧

フィットネスクラブがCSR・ES向上に取り組むべき理由

世界の消費者の91%は企業に対してCSRを期待している。

こう裏付ける調査結果が、マーケティング会社のCone Communicationsおよび調査会社Ebiquityによる2015年度の消費者向けCSR意識調査”2015 Cone Communications/Ebiquity Global CSR Study“と題した報告書でまとめられました。

実は90%以上の消費者がCSRが商品や入会が検討材料になっています。


目次[非表示]

  1. 1.世界の消費者の91%は企業に対してCSRを期待している。
  2. 2.そもそも”CSR”とは何か?
  3. 3.CSR活動→従業員満足度(ES)の向上→顧客満足度(CS)の向上
  4. 4.メンタル面だけでなく環境面も改善しませんか?
  5. 5.どのような効果があったか
    1. 5.1.株式会社モバイルコム様
    2. 5.2.株式会社THINKフィットネス様
  6. 6.まとめ


そもそも”CSR”とは何か?


CSR(Corporate Social Responsibility)は企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者)からの要求に対して適切な意思決定をする責任を指す。

Wikipediaより引用

一言にすると、「企業は自社の儲けだけではなくて社会にも還元しろ」ということです。

企業の行うCSR活動は実に様々です。例えば、GOLD’S GYMはCSR活動として「骨髄バンク・東日本大震災」に対するチャリティイベントを定期的に開催しています。

直接的な収益に繋がらなくとも、このようなCSR活動を行うことにより、スタッフ様は自社に対して誇りと持ち、会員様は愛着を持ちます。また、直接的ではないステークホルダーからも好意的な感情を向けられ購買(入会)に対する検討材料となります。

意識調査報告書には、新興国の消費者の9割以上が社会的責任に配慮した製品を購入したい。社会課題の解決に取り組むブランドを支持したいと考えていることが分かったと述べられています。

健康を取り扱っているフィットネスクラブの消費者が通常の人よりも社会や環境問題をより身近に感じていたり、敏感な反応を示していると考えるのは難しくはありません。

GOLD’S GYMとは初心者からアスリートまで、全ての人々が結果を出せるようあらゆることについて考え抜かれたフィットネスクラブです。

ゴールドジム公式サイトより引用


2019年、フィットネスクラブの顧客満足度ランキング1位はGOLD’S GYMでした。2018年から2年連続での1位獲得です。9つの評価項目のうち6つの項目で1位を獲得しています。なかでも「インストラクター」「スタッフ」は他のサービスと比較して1.0点以上の差をつけて高い評価を得ています。その他の注目点としては、「コストパフォーマンス」で1位を獲得しているゼクシス。総合では16位ですが、「コストパフォーマンス」では、他のサービスより2.5点以上の差をつけて、圧倒的に評価されています。

オリコン顧客満足度ランキングより引用

  導入事例:企業名|空間除菌ミスト norox<ノロックス> ゴールドジム様の導入事例を掲載しています。導入前の課題や悩み、導入後の効果や利用者の反応について担当者様にインタビューを実施しました。ノロックスは、ホテルやスポーツジム、オフィス、医療施設、幼稚園、学習塾など多くの企業様にご活用いただいております。 株式会社オーシャン


CSR活動→従業員満足度(ES)の向上→顧客満足度(CS)の向上


かんたんではありますが、CSR活動を行うことにより働く人のモチベーションの上昇について前章で記載させて頂きました。

スタッフ様が自社に対して誇りと愛着を持って働いていれば、そこはお客様にとっても快適な場所になります。CSR活動を行うことにより、ESの向上と同時にCSの向上も図れるのです。

周りに言いたくなってしまう活動をやっているとファンとなった会員様が友だちに言って「良いじゃん!」ってノリで入会することも少なくありません(体験談)。また、退会率も低いというデータも出ているようです。

少し話は逸れますが、マーケティング用語の1つに、【1:5の法則】というものがあります。この言葉は新規顧客を獲得するためには既存顧客の5倍ものコストが必要になることを示しています。新規顧客を1人を獲得するのに5倍の力を使うのも良いと思います。

ただ、CSR活動を通じてESを向上させ、スタッフ様や自社のファンになってくれた友だち伝いに来てくれる新規顧客を開拓してみるのはいかがでしょうか。


メンタル面だけでなく環境面も改善しませんか?

感情面だけでなく環境面も改善しませんか。

健康になるために通っているスポーツクラブですが、正しい除菌・消臭対策は出来ていますか?実は、フィットネスマシンに付いているウイルスは便座の362倍という驚くべきデータが出ています。

  【ジムに必要な除菌とは】マシンにつくウイルスはトイレ便座の362倍!? この記事では、フィットネスクラブで気を付けるべき除菌対策をご紹介します。 株式会社オーシャン

素晴らしい取り組みをしていても「クサいのはちょっと...」となってしまうかもしれません。

フィットネスクラブで発生するニオイのトラブルやウイルスの蔓延。現場で働くスタッフ様は対面で話す関係上、ウイルス・ニオイ対策の為のマスクを付けて働くことが出来ません。また、お客さまは衛生管理が出来ていないのが理由で退会されることも珍しくはありません。

これらの問題について真摯に取り組むことでお客様だけでなくスタッフの皆さまの生産性向上に繋がり、退会率や離職率の低下を図ることが出来ます。そこでノロックスです。


どのような効果があったか

実際のお声として2例ほど紹介させて頂きます。

株式会社モバイルコム様

ノロックスを導入して約2年。特に、ウイルス対策に効果を感じています。2016年度のインフルエンザ感染者は約20名でしたが、導入した翌年度は8名まで減りました。家庭や休日での時間で感染することは防ぎきれませんが、職場での二次感染を減らすことはできたと感じています。


株式会社モバイルコム

㈱モバイルコム様は愛媛県で携帯販売ショップを展開されています。

ショップは多くの方が来店するため、ウイルスの流行する時期はスタッフの健康管理が課題でした。また、お客様と相対して手続きを行うため、マスクを中々使い辛い環境とお聞きしました。

そこで対策としてノロックスを導入して頂いたところ、「インフルエンザに掛かった人数が20名から8名に減少し、昨対比で半数以下になった!」と効果を感じて頂き、グループ企業のフィットネスクラブ様にも導入を決定して頂きました。


株式会社THINKフィットネス様

スタジオや更衣室等、空間に常時こもるニオイの消臭は難しく、なかなか消しきれません。芳香タイプの消臭剤だと香りの好みにも左右されるため、無香にしたい時に困っていました。展示会でノロックスの存在を知り、サンプルを試すと本当にニオイが消えたんです。シンプルに、これが導入の一番の理由かもしれません。

株式会社THINKフィットネス

㈱THINKフィットネス様はフィットネスクラブ「ゴールドジム」の経営を始め、ヘルスケア商品の販売、フィットネス用品店を手掛けられています。オリコン調査によるフィットネスクラブの顧客満足度ランキングで18年と19年の2年連続で総合1位を獲得。部門では9つの評価項目のうち6つの項目で1位を獲得しています。

ゴールドジム様では、今まで消すことの出来なかった空間の汗臭。どうすれば効果的に消臭できるのか課題でした。

そこでノロックスを試して頂いたところ「本当にニオイが消えた!」とお声を頂くことが出来ました。また、ニオイだけでなくノロックスには除菌効果もあるのでツールを一元化できることは、大きなメリットと感じて頂きました。

実際に通われている会員様にも効果を感じて頂き、弊社Webサイトに「購入したい!」と嬉しいお問合せもありました。


まとめ

顧客満足度(CS)を高めるためには従業員満足度(ES)を高める必要があり、ESを高めるためにはCSR活動に取り組むことが効果的です。

ノロックスでは直接的なCSR活動のお手伝いは難しいのですが、職場環境とESの向上からCS向上のお役に立つことが出来ます。

詳しい情報は本ページ下部の資料ダウンロードやお問合せフォームでのご連絡で対応させて頂きます。