noroxの特徴

次亜塩素酸水の種類

次亜塩素酸水は大きく分けて2種類の生成方法があります。
ノロックスは希釈混合タイプです。
いずれの生成方法であっても、同等のpHに調整し、FAC(遊離有効塩素)濃度が同じであれば、同等の殺菌力を示すと言われています。

noroxの成分・生成方法

noroxは高純度次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を特殊製法で混ぜ合わせ、調整した次亜塩素酸水です。また、ノロックスはpH値を5.8~6.2(弱酸性)で厳密に調整しています。
次亜塩素酸ナトリウムとの違いは?
次亜塩素酸ナトリウムは、塩素と水酸化ナトリウムを反応させて生成され、pH値10以上(アルカリ性)を示します。そのため、金属を腐食させたり、皮膚を化学やけどさせたりする作用があります。
 また、次亜塩素酸の形態はpHによって異なります。強アルカリである次亜塩素酸ナトリウムでは「次亜塩素酸イオン」の状態で存在します。一方、弱酸性である次亜塩素酸水は除菌効果の高い次亜塩素酸存在比が高くなり、除菌効果を高めることが可能です。
注意
次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは性質の違う水溶液です。
次亜塩素酸ナトリウムを手指の消毒に使ったり、空中に噴霧しないでください。
また次亜塩素酸ナトリウムを薄めても次亜塩素酸水にはなりませんのでご注意ください。

有用性

ウイルス除去・除菌力
薬機法上、その効果や有効性について、特定のウイルス名を公示することはできませんが、第三者機関において、各ウイルス不活性化試験および細菌の除菌試験を実施し、有用性が認められています。
消臭力
タバコ臭・ペット臭・食物臭・生ゴミ臭・体臭・トイレ臭など、様々な悪臭原因物質に反応。香り付けや匂いを覆い隠すのではなく、元から分解・消臭します。
花粉・ダニ対策
ノロックスは、花粉やダニのふん・しがい等のたんぱく質に作用し低減。
室内での空間噴霧により、快適な空間づくりをサポートします。

安全性

noroxの安全性と有用性についてはこちらからご確認ください。

安全性を立証するため、検査機関で各種試験を行っています。
pH値について
noroxの製造工程においてpH値を5.8~6.2で厳重に調整しています。弱酸性なので、万が一肌に触れても安全です。その特性として、有機物に触れると化学反応を起こし水(H2O)になりますので、有害な成分が発生する心配がありません。
ヒトの体内でも生成
「次亜塩素酸」は人間の血液中の白血球のうちの1つである「好中球」で生成されており、体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの異物を攻撃し、排除しています。
この体内の仕組みからも次亜塩素酸水は万が一直接触れても安心してご利用いただけます。