ブログ記事一覧

catch-img

【じつは知らない事だらけ?】インフルエンザの基礎知識

都内ではインフルエンザの流行注意報が発令され、これからますます患者が増えることが予想されます。インフルエンザについて正しい知識を身に着け、効果がある対策をしっかりと行いたいものです。

そこで今回は知っているようで知らない?インフルエンザの基礎知識についてご紹介していきます。


目次[非表示]

  1. 1.インフルエンザと風邪の違い
    1. 1.1.症状
    2. 1.2.原因
  2. 2.インフルエンザに効く薬とその効き目
  3. 3.本当に気をつけないといけないのは合併症
    1. 3.1.重症化を防ぐためには予防接種が必要不可欠!
    2. 3.2.その他のリスク
  4. 4.予防接種+毎日のウイルス対策をしよう!


インフルエンザと風邪の違い

高熱が出たらインフルエンザを疑う方も多いと思います。まず始めに風邪とインフルエンザの違いについて見ていきましょう。

症状

◎風邪◎
発熱、咳、くしゃみ、鼻水、喉の痛みなどが中心。発熱はそこまで高くなく、38℃以下がほとんど。

◎インフルエンザ◎
38℃以上の高熱、悪寒、だるさ、筋肉痛、関節痛などの全身症状がみられる。

インフルエンザの症状の場合、全身症状+高熱がでるのでインフルエンザになった事が自分でもすぐに判断できそうですね。
しかし、インフルエンザの検査をしても陽性が出ない場合も多く、周りの人がインフルエンザに感染しているかどうかなど、周囲の環境でインフルエンザ感染の判断を行う場合も多いそうです。

原因

◎風邪◎
数十種類のウイルスが原因

◎インフルエンザ◎
インフルエンザウイルスが原因


インフルエンザに効く薬とその効き目

①内服…タミフル、ゾルフーザ

②吸入…イナビル、リレンザ

③点滴…ラピアクタ

風邪の特効薬は開発されていないため、風邪薬=ウイルスが細胞内で分裂した後、それが細胞から飛び出すのを邪魔することによって増えるのを抑えるための薬だそうです。

または、1日くらい早めに熱を下げるという効き目もあるそうです。
高熱が1日でも早く下がってくれるのはとてもありがたいですよね。

色々な種類がありますがどの薬がいいか一長一短です。飲む回数が違ったり、十分な臨床データがあるかないかといった違いがあるそうです。医師の方と相談して自分にあった薬を処方してもらうようにしましょう。


本当に気をつけないといけないのは合併症

インフルエンザに感染してしまった際に、細菌が原因で二次的に肺炎を起こしたり、脳の障害が起こることがあるそうです。

肺炎は特に高齢者に多く、免疫力が弱まっていたり抵抗力が落ちている人は要注意です。

脳症は20歳以下の子どもに多いと言われていますが、成人も起こりうるので注意が必要です。意識がなくなってぐったりしている、高熱が続く、吐いたり痙攣したりているなどの症状がある場合は直ぐに病院へ行きましょう。


インフルエンザ予防接種

重症化を防ぐためには予防接種が必要不可欠!

インフルエンザの予防接種は発症を防げる訳ではなく、肺炎や脳症などの重症化を予防する効果があるそうです。

合併症による重症化を50~60%防げ、高齢者は合併症による死亡率が80%減るという報告もあるそうです。

また、ワクチンが原因でインフルエンザに感染することはないので安心して予防接種を受けることができます。

予防接種を受けてから2週間後から5ヶ月間程度が、予防接種の効果がある目安となっているため、インフルエンザが流行してしまう前に予防接種を受ける必要があります。


その他のリスク

インフルエンザに感染してしまった場合は発症してから5日間。熱が下がってから2日間は療養が必要とされています。

社会人ですと一週間も仕事に穴を開けてしまうのは、とても痛手だという方も多いのではないでしょうか?仕事に行きたいのに行けないというジレンマを抱えてしまうことになります。

また、10代の子どもの場合インフルエンザが原因で突然走り出したり、飛び降りたりするなどといった異常行動をとることも多く報告されており、看病する側の注意が必要となってくる場合もあります。


ガッツポーズする女性たち


予防接種+毎日のウイルス対策をしよう!

万が一インフルエンザに感染してしまっても症状が重症化しないように予防接種は大切です。

そして、感染しないように、毎日のうがい・手洗い・バランスの取れた食事など出来ることから毎日のウイルス対策を始めましょう。

手洗いうがいなどの対策は十分行っているという方も、まだ不十分だなという方もノロックスで空間除菌を始めませんか?

インフルエンザウイルスは、好条件の中では24時間は死なないと言われています。
しかし、ノロックスはたった15秒でインフルエンザウイルスを不活性化させることが可能です。
詳しくは前回のブログを御覧ください。

  【知らないと損をする】どこからともなくやってくるインフルエンザウイルスを予防する為には。 今回はインフルエンザが職場で猛威を振るう経路とそれを防ぐにはどういった対策が必要なのかをご紹介いたします。 norox(ノロックス)


インフルエンザの知識を学ぶことで予防に対する意識も高まり、感染を減らすことができるかもしれませんね。

しっかりと対策をして、この冬の予定を満喫しましょう!


人気記事ランキング

タグ一覧