ブログ記事一覧

catch-img

【次亜塩素酸水】これで納得!安心、安全のワケ

次亜塩素酸水はなぜ安心なのか

次亜塩素酸水は安心・安全と一般的に言われていますが、なぜ安心・安全なのか。今回のブログではそのワケをご紹介いたします。


一般的な次亜塩素酸水の安心・安全な点として以下の2つの項目が挙げられます。


ポイント1:残留性がないので安心!

次亜塩素酸水は有機物などに素早く反応し、除菌や消臭などの効果を発揮したあと主成分である水にもどると言われています。

厚生労働省の食品を使った実験によると、次亜塩素酸水でホウレンソウを10分間浸漬処理をし、処理後有効塩素濃度の測定を行った結果、試料中に有効塩素は検出されず食品への残留性は低いことが示されました。

次亜塩素酸水は厚生労働省の調査により、使用後に残留塩素が検出さないという結果がでていることからも効果を発揮したあと水にもどるという事が言えるでしょう。

※厚生労働省が利用している次亜塩素酸水は電解水です。電解水についてはこちらの前回の記事をご覧下さい。

  知っているようで知らない?!次亜塩素酸水について 「次亜塩素酸水」ってどんな水なの?普通の水とどう違うの?!と思われているのではないでしょうか? 今回はそもそも「次亜塩素酸水」ってどんなヤツ?!なのか。を簡単に紹介したいと思います。 株式会社オーシャン



ポイント2:手荒れや刺激が少ないので安心!

次亜塩素酸は体内の血液中でも作られており、実は身近な存在です。

少し詳し説明させていただくと、ミエロペルオキシダーゼという好中球に最も豊富に存在するタンパク質が、過酸化水素(体内で生成された有害な物質)と塩化物イオン(胃酸のもとになって、胃で食べ物を消化したり殺菌したりしている)と化学反応させて、次亜塩素酸を作り出し、細菌やウイルス等への異物を攻撃し、排除しています。

体内の有害な物質を排除するために次亜塩素酸が生成されており、私達の体は次亜塩素酸によって知らず知らずの間に守られていたのです。

この体内の仕組みからも次亜塩素酸水は直接触れても、体内に入っても安心して使っていただけると考えられます。




プラスαノロックスは?

ノロックスは独自に安心して使っていただける測定試験を2つおこなっております。

急性経口毒性試験…試験物質を餌に混ぜたり器具を用いて胃へ直接投与する試験である。 1 回もしくは短時間に反復して数回動物への投与を行う。


皮膚刺激性試験…薬品、化学物質等が生体組織と接触した場合、その局所に対してどのような影響を与えるかを評価するための試験。


この試験で異常なし、被刺激性という結果を得ています。


以上、2つの項目から次亜塩素酸水が安心して使っていただける理由。お分かりいただけましたでしょうか?

今すでに次亜塩素酸水を使っている方も、これからの利用を考えている方も安心してご利用いただけるのではないでようか?

ノロックスのご購入はこちら

  除菌・消臭・加湿・花粉対策にノロックス ノロックスは、ノロウイルスやインフルエンザなど「ウイルスや細菌の除菌」、タバコや体臭など「嫌なニオイの消臭」、辛い「花粉対策」、そして「加湿」ができる、人のカラダにもあんしん・あんぜんな「除菌消臭水」です。 https://norox.jp