【オフィス導入事例】
インフルエンザが流行る冬、
窓口スタッフの健康管理に効果を実感。

株式会社モバイルコム 総務部 部長 植田様

愛媛県内で15店舗の携帯販売ショップを展開している株式会社モバイルコム。植田様は、従業員の健康管理を始め、総務全般の統括をされています。多くのお客様が来店する職場環境での、従業員の健康管理や、嫌なニオイのない快適な店舗空間づくりのために、ノロックスをご導入いただきました。
ショップは多くの方が来店するため、ウイルスの流行する時期はスタッフの健康管理が課題でした。
年間で20人ほどの感染者が半分以下に低減。トイレや待合スペースの消臭も効果を感じています。

norox導入前に抱えていた課題

一気に広がるリスクがあるインフルエンザ。目に見えないウイルスは、防ぎようがなかった。

オフィスもそうですが、多くの人が行き交う店舗は特に、ウイルスや感染症の広がるリスクが高くなります。除菌剤で机やドア等の拭き取り掃除をしても、くしゃみや咳などに伴う空気感染までは、どうしても防ぐことができません。

毎年、ウイルスが流行する時期はスタッフの疾患が増えてしまい、先手を打つような健康管理ができていませんでした。

norox導入の決め手

明確なエビデンスがあったことは、導入の大きな決め手です。

主に、インフルエンザやノロウイルスでの感染を防ぎたいと思っていました。ノロックスは、その2つのウイルスに対して「15秒以内に除去する」という第三者機関のエビデンスを持っていたことは良かったです。

ウイルスは目に見えないので、除去できているかどうかわかりません。こういった検証結果などがあると、会社として購入する際には進めやすいです。

norox導入後の成果

インフルエンザにかかった人数が、昨対比で半分以下に。空間の衛生管理もしやすくなりました。

ウイルス対策を始め室内の衛生管理対策として、店舗やオフィス、各事業部に噴霧器を設置。拭き掃除やスポットの消臭が必要なところには、スプレーを設置しました。

ノロックスを導入して約2年。特に、ウイルス対策に効果を感じています。2016年度のインフルエンザ感染者は約20名でしたが、導入した翌年度は8名まで減りました。

家庭や休日での時間で感染することは防ぎきれませんが、職場での二次感染を減らすことはできたと感じています。

トイレの消臭はもちろん、待合スぺ―スや休憩室の食べ物臭、タバコ臭などもスプレーですばやく消臭できるので、接客時や来客時に重宝しています。
〈取材日2018年11月〉
※あくまで個人の感想によるものです。
※実際の効果を保証するものではありません。
法人様限定!

norox 限定トライアルセットのお申し込み contact

norox を送料のみでお試しいただける限定トライアルセットで、まずは効果を実感してください
もう少し norox について知りたい場合は、詳しい資料もございます。